友川かずき:歩道橋

歩道橋

この人も凄い歌うたってます。
三上寛ほど前衛的ではなくて
”生と死”をテーマにした
方向性があります。

「友川かずき初期傑作集」という
昔買ったCDの解説の中に
映画監督の大島渚のコメントがある。
「これを聴いて感動した者はしあわせと思え」
「涙を流した者は選ばれた者と思え」

その他にも「23才の抵抗」「死にぞこないの唄」などが好きです。
視聴する
ゴールデン☆ベスト 友川かずき

山崎ハコ:橋向こうの家

橋向こうの家

よく"あの人は全身で歌ってる”とかって
渡辺美里等を指して言われることがあるが・・
歌はスポーツじゃないんだから
一生懸命やってるのは解るんですがねー
もっともっと”魂”の部分で歌ってる人がいます。
山崎ハコ このヒトはホンモノです!
歌に嘘偽りがありません。

中島みゆきの「怨みます」とともに
日本の暗い歌の代表といわれる「呪い」
これマジコワイ!
視聴する
Anthology::山崎ハコ BEST

名曲の宝庫ですが
特にお気に入りは「ひとり唄」「橋向こうの家」です。
歌の世界における表現力・説得力では
これ以上のヒトを私は知りません。

綱渡り

飛・び・ま・す

井上昌己:純真

純真

”いい曲”は必ず”売れる”と思いますか?
”売れてる曲”は”いい曲”なんですか?
プロダクションだのレコード会社だのの宣伝力
によるところが大きいんじゃないでしょうか?
「いいモノはイイ」と声を大にして言いたいものです。
先ずは断然コレ!
Sweet II



タグ:井上昌己

伊藤敏博:夜汽車

夜汽車

日本的情緒のある名曲が多いです。
本人が国鉄職員をしていたこともあってか
幾度も美しい風景に心を打たれたのでしょう。

高音部の”泣き節”が特にグッときます。
「鬼火送り」「景子」もオススメ。
ホントに大好きな曲です。
サヨナラ模様
タグ:伊藤敏博

友部正人:一本道

一本道

友部正人の歌を聴いてると
歌は伝える事がすべてだと教えられる。
リズムだの音程だのちっぽけなことよりも
重要なものがある。
それをうまく言葉にできないのがもどかしいのだが
まあ聴いてみなって。
解釈はあなた次第ですから・・
視聴する
にんじん

武田鉄矢:少年期

少年期

映画「ドラえもん」の主題歌

”少年のように”とはよくある表現だけど
いちばんしっくりくるのがこの曲
僕はこんな少年でした。
大人になって知識や知恵は身につけたけど
それらを涙で洗い流してしまいたい時も
あります。
素直になりたい時ってありますか?

なお、同時期に発表された「コスモス」も名曲です。
武田鉄矢 全曲集 贈る言葉/声援

鈴木ヒロミツ:でも、何かが違う

でも、何かが違う

テレビ・ドラマ(夜明けの刑事)のエンディング・テーマ。
時代劇や刑事ドラマのラストは哀愁ただよう曲が流れる
というのがこの頃の定番でして。

ちょうどこのブログでも取り上げようと思っていた
木之内みどりの『走れ風のように』(刑事犬カール)
ヒロスケの『あ・れ・か・ら』(ザ・ハングマン)
も一緒にはいってるCDがあるので
まとめて紹介しちゃいます。
【送料無料】刑事魂完結! 刑事ドラマソング・ベスト2

三上寛:おど

おど

三上寛を知らない人はまずコチラを

こんなえげつない内容を歌にしてる歌手なんて
それまで見た事も聴いた事もなかったもんだから
結構ハマリました。

小便だらけの湖
馬鹿ぶし
数珠の玉切れる日に
ピストル魔の少年
人間とはなにか
パンティストッキングのような空
ひびけ電気釜!!
痴漢になった少年
股の下を通りすぎるとそこは紅い海だった
気狂い
なんてひどい唄なんだ

曲のタイトルもこんな感じです。
決して、一般受けはしないでしょう。

ちなみに初期のエキセントリックな歌ばかりでなく
「海男」など、情感ただよう名曲も多数発表しています。

現在、「J-Pop」などと言われる味気のない薄っぺらな
音楽も、この三上寛を知ったら物足りなくなることうけあい。

とりあえず初期の過激な歌をここで視聴してみてはいかが?

タグ:三上寛

シーナ&ロケッツ:JET COASTER

JET COASTER

この曲が好きでタマらない。
ワイルドでスリリング!
彼らのイメージそのもの
”ジェットコースター”な感じがホントに出てる。

これだけの名曲なのにベスト盤にも入ってないんだよ。
このアルバムに収録されてマス。
HAPPY HOUSE

渡辺真知子:Memories

Memories

メモリーズ-(想い出達)
昔はよかったなんて言いません。
何故なら私達は今を生きているから。
でも・・・
このあたたかいような
胸がしめつけられるような
気持ちは何なんでしょう?

かもめが翔んだ日
唇よ、熱く君を語れ
別れて そして
ホールド ミー タイト
ブルー
などは個人的に想い出が詰まってます。
ゴールデン・Jポップ/ザ・ベスト 渡辺真知子
タグ:渡辺真知子

渡辺美里:Steppin’Now

Steppin’Now

渡辺美里といえばいつも肩にチカラの入った
曲が多い中でこの曲はボソッとブルース調に
「美里のつぶやき」みたいな感じが逆に好感が持てる。
この曲ではじめて作曲を手掛けたそうです。
ジャニス・ジョプリンを想わせるザラついたブルーな肌触りのあるこの曲は
レベッカのNokkoが感動していた。
「こーゆー人だったんだー。こーゆー風にやればいいのに」
Lovin' You
タグ:渡辺美里

久保田早紀:夢飛行

夢飛行

久保田早紀といえば「異邦人」しか知らないって人
けっこう多いんじゃないかな?
庄野真代の「飛んでイスタンブール」とか
ゴダイゴの「ガンダーラ」とか
この年代にヒットした曲というのは
異国の地に想いをよせるような歌が
けっこうあったように思えます。
現在の音楽シーンにはありえないことですね
現実的すぎてつまんないです。

ちなみに久保田早紀さんは知られざる名曲がたくさんあります。
あなたの人生観変わるかも。
ゴールデン☆ベスト 久保田早紀 シングルズ
タグ:久保田早紀

伊藤咲子:木枯らしの二人

木枯らしの二人

感情をぶつけるような歌詞とメロディの
サビの部分がトップにきていて
とてもインパクトがある。
私もはじめてこの曲を聴いたとき
しばらくボーッとするくらい
感じちゃいマシタ。
伊藤咲子 ゴールデン☆ベスト
タグ:伊藤咲子

榊原郁恵:秋風のロンド

秋風のロンド

榊原郁恵というと「夏のお嬢さん」のイメージが強い。


この「秋風のロンド」はちょっとセンチな感じ。

この曲とはずっと友達でいようと思います。
ゴールデン☆ベスト 榊原郁恵
タグ:榊原郁恵

レベッカ:WHITE SUNDAY

WHITE SUNDAY

レベッカの曲って切ない歌詞が多いよね。
個人的には「フレンズ」も大好きなのですが
有名すぎるので・・

この曲は子守唄のように
日常生活の余計な感情を癒してくれる。
なんか、ずっとこれだけ聴いていたいって感じ
根本的な「愛」の本質を表現している
そんな気がします。
レベッカ/TIME
タグ:レベッカ

堀ちえみ:青春の忘れ物

青春の忘れ物

歌詞を聴くだけで
せつなさで胸がいっぱいになります。
アイドルの曲だからってなめちゃいけません。
心をこめて堀ちえみちゃんが一生懸命うたってます。


タグ:堀ちえみ

林寛子:素敵なラブリーボーイ

林寛子:素敵なラブリーボーイ

おんなのこはカンジやすいの

1975年にリリース
1982年に小泉今日子がカバーしたが
オリジナルの方が断然イイ!
林寛子 ベスト

変身忍者 嵐 VOL.1
での林寛子はサイコーに魅力的です。

タグ:林寛子

ジョー山中:ララバイオブユー

ララバイオブユー

映画-戦国自衛隊のラスト・シーンに流れる名曲。

ジョー山中/究極のベスト! ジョー山中
タグ:ジョー山中
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。