松本ちえこ:恋人試験

恋人試験

カワイイ歌ランキングに投票しちゃいます。
名作です。

試験の問題形式を歌詞にするなんて
作詞の伊藤アキラのアイデアと
ほのぼのとしたメロディライン

人間の魅力は試験では計れません。

それにしても65点。
とれるかな?

松本ちえこ ベスト
タグ:松本ちえこ

南沙織:哀しい妖精

哀しい妖精

アイドル歌手って南沙織あたりからじゃないの?
それまで歌手といえば歌のプロっていう
意味合いしかなかったんじゃないかな?

作詞・作曲はプロが担当してますから
よくてあたりまえとしても
南沙織は、後のアイドルたちと比べて
歌もウマイ。

たとえば、歌の1番と2番に同じ歌詞が
あるとして(サビの部分とか)
それを同じ様には歌っていない。
それぞれに違う感情を込めている
「想い出通り」などはその顕著な例です。

そしてこの「哀しい妖精」はそんな彼女の
才女ぶりが発揮されています。

視聴する



アイドル曲のスタンダード「17才」をはじめ
潮風のメロディ
哀愁のページ
色づく街
春の予感 -I've been mellow-
想い出通り
などいい曲がいっぱい。

なんか、ひとりの女性の喜怒哀楽とか
青春の一ページを写真に撮ってそれを眺めてる感じ。
まさにアルバム。
聴くべし、聴くべし(あしたのために その1)


ザ・ベスト 〜 Cynthia-ly

ちなみに南沙織の愛称「シンシア」とは月の女神アルテミスのことだそうです。

松田聖子:花時計咲いた

花時計咲いた

かなり初期の作品です。
例によってあまり取り上げられない
ベスト盤にも出てこない。
でもイイ曲。
こーゆー世界、大好きなんだけどなぁ。


松田聖子:花時計咲いた

タグ:松田聖子

南野陽子:私の中のヴァージニア

私の中のヴァージニア

川の流れのあのキラキラしたヤツ、
あれ、何て言うんでしたっけ?
そんな映像が浮かんでくるような曲です。

清純派アイドルというかあの時代の
あの当時の彼女にピッタリな”瞬間”がここにある。

「思いのままに」もとても励まされます。
ゴールデン☆ベスト 南野陽子 ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリット
タグ:南野陽子

森田童子:淋しい雲

淋しい雲

無邪気さ・やさしさ・傷つきやすさ・むなしさ
不安・素直さ・・・

たった一曲でこれだけの感情を
描いてる歌にはそうそう出会えるもんじゃありません。
名曲中の名曲。
幼少時代に幾度となくこんな気持ちに
なった事をこの曲が思い出させてくれました。

「ぼくたちの失敗」がリバイバル・ヒットして
再び注目されたいわゆる”暗い系”アーティストなんだけど
中島みゆき・山崎ハコのような
現実的で具体的な印象はなく
歌詞・メロディともに心象風景を
表現している感じがする。

だからそれぞれの作品にしても
美しさや暖かさがあるんだと思います。

グッド・バイ
ファースト・アルバム。声がきれいです。
早春にて
地平線
さよならぼくのともだちがオススメ!
狼少年~ウルフ・ボーイ
音がいい。最高な音デス。
ぼくを見つけてくれないかなァ
ぼくは流星になる
151680時間の夢
球根栽培の夢(ときわ荘にて録音)
ぼくのせいですか
憂鬱デス
がオススメ!

タグ:森田童子

三上寛:おど

おど

三上寛を知らない人はまずコチラを

こんなえげつない内容を歌にしてる歌手なんて
それまで見た事も聴いた事もなかったもんだから
結構ハマリました。

小便だらけの湖
馬鹿ぶし
数珠の玉切れる日に
ピストル魔の少年
人間とはなにか
パンティストッキングのような空
ひびけ電気釜!!
痴漢になった少年
股の下を通りすぎるとそこは紅い海だった
気狂い
なんてひどい唄なんだ

曲のタイトルもこんな感じです。
決して、一般受けはしないでしょう。

ちなみに初期のエキセントリックな歌ばかりでなく
「海男」など、情感ただよう名曲も多数発表しています。

現在、「J-Pop」などと言われる味気のない薄っぺらな
音楽も、この三上寛を知ったら物足りなくなることうけあい。

とりあえず初期の過激な歌をここで視聴してみてはいかが?

タグ:三上寛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。